2014年11月01日

台風とその対策

理学療法士の立田と申します。
 
11月に入り、木枯らしの歌が町を元気よく吹き抜ける肌寒い季節になりました。
 そんな中、昨日台風20号が発生しました。前回の19号以来約一ヶ月空いており、これだけ発生が途切れるのは14年ぶりのことだそうで最近の異常気象を物語っているように思います。

 今年もいくつかの台風が日本に上陸しましたが、大阪はなぜか真上を通ることが少なく、沖縄は上陸する回数が多いというイメージがあります。台風に対する意識や経験は、大阪に住んでいる人よりも沖縄に住んでいる人の方が大きいのではないでしょうか。
 
 私たち看護師、理学療法士も訪問看護の中で色々なことを意識・経験し、より良いケアができるように日々努力しています。様々なことを経験している方々に指示を仰ぎ「そういう考え方もあるのか」と気づかせてもらいながら対策をしていこうと思います。事象に対して自分にベクトルを向けて「学び」にして成長していきたいと思います。

 
posted by りゅうじん訪問看護ステーション泉北 at 07:48| Comment(0) | 日記